みんなの脱毛サロンに興味を持ったキッカケとは

渡しは今までずっと自分でセルフ脱毛していたけど、あるキッカケでサロンに通うことになりました。
みんなはどんなキッカケでサロンに通うことにしましたか?
ここでは、実際にサロンに通っている方の、脱毛サロンデビューのキッカケをまとめてみました。

脱毛して喜ぶ女性

自己処理して肌トラブルが・・・

毛を剃るというのは、要するにカミソリを肌にすべらせるということですからお肌のトラブルが起こってしまうのもありがちです
特に、お肌の弱い過敏な女性にとってこの問題は深刻。いちばん多いのは、カミソリ負けによる肌荒れでしょうか。
これが体質によっては長引く人もいるので、注意が必要です。

どれだけ高級なカミソリを使っても、最初はいいかもしれませんが、そのうち刃がぼろぼろになって、それが肌荒れの原因となってしまいます。
本来、カミソリの刃というのは二週間に一度は交換しなければならないのです。
同じのを、一ヶ月、二ヶ月と使っていると、それはお肌のトラブルを引き起こす大きな原因となります。

切れ味の悪くなった刃は、それを肌にすべらせるというだけで、お肌にダメージを与えてしまいますし、刃こぼれした部分に皮脂などの汚れが溜まるため不衛生、そのうえ、同じ箇所を何度かやらなければ毛を綺麗に処理することができないので、これもまた、お肌にとても悪いことです。

けれども、それだけの頻度で刃を交換するのは面倒ですし、買いに行くのも面倒なうえ、長い目でみれば、かなりのお金がかかってしまいますよね。
私の知り合いは、これを理由に脱毛サロンに通うことに決めたそうです。
それまでは「痛そうだから」という理由で敬遠していたそうですが、行ってみれば痛みは意外なほどに少なく、今では肌荒れの心配もなく、また剃り残しの心配もなく、彼氏とうまくやっているようです。

以下、私や、私の友人の話を交えて、脱毛サロンデビューをしたきっかけをご紹介します。

夏がちかづいてくると焦るのが体型とムダ毛

はい、これは私の話です。

夏になると、色々とたいへんなことがあります。それは服装の変化に伴う、体つきの暴露と、剃り残しの心配です。
夏は冬と違って、薄着になりますから、体のラインが周囲にはっきりとわかってしまいます。
私の場合、胸がないのもばれてしまうのでとっても嫌なのですが、それ以上に心配なのが剃り残しです。

体型というのは、毎日運動を、有酸素運動を一時間くらいと、軽めの筋力トレーニングをしていれば改善することができます。
それを継続している限り、何も心配なことはありません。胸を別とすれば。

しかし剃り残しというのは、うっかりということがありますから、大変です。
Tシャツを着て、両手を挙げて友達に手を振ったときに、もし両方に、あるいは片方だけに、毛が残っていたとしたら……これほど恐ろしいことはありませんね。
スカートや短いデニムを履くとすれば、太ももや脛など、「うっかり」を露見する危険が高くなります。

実は私このことでかなり痛い目を、恥ずかしい目を見たことがありまして、それで脱毛デビューを果たしました。
時には剃り残しが恋愛の破局を招くこともありますから……気をつけましょう……。

全身脱毛を受けた友人をみて自分も興味を持った

さて、アルバイト代を貯めに貯めて、全身脱毛をし、ツルピカンヌとなった私。
それを見た私の友人は、「私もツルピカンヌになりたい!」と、それまでの怠惰な生活を脱却し、働きはじめました。

彼女はそれまで親の仕送りで、お小遣いを含めた額を仕送りしてもらって生活していて、私は個人的に「なんだコイツ」と思っていたのですが、働くと彼女が宣言したときには、ホウと感心したものです。

彼女は、とある居酒屋に勤めはじめて、一所懸命に働きました。数ヶ月ぶんの給料を、遊ぶのに一切使わずに、貯金したのです。
というか、今、書いていて気づきましたが、仕送りをもらっているから、遊ぶ金には困らなかったのでしょう。

しかもおもしろいことに、彼女は、脱毛をするために働きはじめた居酒屋にて、今の彼氏と出会ったのです。
まったくの偶然ではありますが、何か行動を起こしたとき、そこには必ず出会いがあるもので、今までアルバイトをしたことがなくっても、脱毛という目標に向かってチャレンジすれば、また別のところで何かいいことがあるかもしれませんよ。

不安になるのはわかりますが、アルバイトをしている人にも同年代くらいの子は多いですし、悪い人ばかりではないので、一度チャレンジしてみるのがいいと思います。

好きな人ができて脱毛サロンを考えた

これは私の知り合いに限らず、ネット上でもよく見受けられる声です。好きな人ができるというのは、とても幸せなことですよね。
なんだか気持ちがふわふわして、その人とちょっと話せたり、ふれあえたりするだけで嬉しくなってしまいます。

でも、同時に、あの人は私のことをどう思っているんだろうとか、私はあの人にふさわしい女なんだろうかとか、そういう不安で胸がいっぱいになってしまうこともあります。
そして、もっといい女になろう、あの人を振り向かせて、夢中にさせるくらいの女になろう、と決意することもしばしばありますね。

が、当座のところ、何をすればいいのかわからない、どうすれば「イイ女」になれるのかわからない。
仕種だろうか、体型だろうか……。

そのうちのひとつに、脱毛があるわけです。
毛をきちんと処理していると、お肌はつるつるして、ぴかぴかと光って見えるようになります。
つまり脱毛をすれば、それだけで「女が上がる」ということです。

またその人のために、これだけのことをした、というのが、恋に積極的になる勇気や自信を自分に与えてくれます。
自分がイイ女になったのかどうか、わからない状態では、自信も何もありませんが、しかし脱毛をしていれば前よりすこしはイイ女になったのは間違いないわけで、そのことが、告白する勇気をくれたりするのです。

男性の知人に訊いたところ、やはり男性は、お肌がつるつるとしているだけで、その女性のことを魅力的に感じるし、積極的な女性にはちょっと心惹かれるものがある、ということでした。
自信をつけて、積極的にアピールすることが、恋愛においてはとても大切なんですね。

毛深いと彼氏ができないと思って・・・

毛深い女性に彼氏ができるのか。
はい、毛深い女性が好きな男でよければ。

自分が毛深いと思っている人こそ、脱毛をすべきです。
毛というのは、その体の部分を保護するためのもので、毛深いというのは、生物学的な見地に立てば、決して悪いことではなく、むしろ他より優位にあるといえましょう。

しかし現在の社会には、女性は毛を処理してしかるべきといった通念があるわけですから、それをしなければあらゆる面で損をしてしまうのは当たり前のことなのです。
事実、男性も、たとえばエッチをするときなんかに、剛毛を見せつけられたりすれば、そういうのを非難するのはかわいそうだと考えながらも、テンションは下がってしまいます。

そうならないためにも、生えてこなくなるまで、脱毛をしたほうがよいでしょう。

私の知人はあるとき、私にこのような相談を持ちかけてきました。
「私さぁ、スネ毛だけ異常に濃いんだけどさぁ、どうしたらいい?」脱毛をしなさい、と私は回答し、彼女はすぐさま出かけていきました。

男友達よりムダ毛が濃い・・・

時々、男の子でもすんごく毛の薄い人を見かけます。
私の知人にちょうどそういう子がいて、年下なのに生意気なやつなのですが、それは置いといて、彼はとても毛が薄くて、夜などに見れば、すね毛や腕の毛はまったく、一本も生えていないように見えます。
腋毛もほとんど生えていなくて、「剃ったろ?」と訊くと、きょとんとして「男って毛ぇ剃るもんなの?」と訊きかえしてきました。

生まれてこの方いじったことがないとのことで、天然の薄毛であるわけです。
髪はふさふさなのに。

その場に一緒にいた私のアルバイト仲間の女性は、かなりショックを受けたようでした。
「私、ほっといたらたぶん、○○クンよりすごいことになると思う……ムダ毛……」そのときはまだ彼女は脱毛なんて考えていないみたいでしたが、私がそのアルバイトでお金を貯めている理由を後に知って、じゃあ私もやろうかな、と貯金を始めましたね。

その理由のひとつとして、男友達よりも毛が濃いというのがあるのは間違いありません。

ネットの広告で全身脱毛の広告を見て興味を持った

これも、ネット上では多く見られます。
そのわりには、私の周りにはそういう人が少ない、というよりいないのですが、ネットで脱毛の広告を見て、その安さを知りエステサロンに通うことを考えはじめる女性はとても多いみたいですね。

全身脱毛というのは、文字通り、体の隅々まで脱毛処理をすることですが、他の脱毛と同様に、何度もこれをやっていると、そのうち毛が生えてこなくなります。
カミソリに気を遣ったり、肌荒れに悩んだり、剃り残しを心配したり、そういったこと一切から解放されるのです。

広告ではありませんが、もしこの記事を読んでくださった人が、脱毛というものにすこしでも興味を持ってくれたのなら幸いです。
人の心配をしている場合ではないかもしれませんが、しかし、彼氏とうまくいっているとか、お肌のトラブルに悩むことがなくなったとか、そういう話を聞くのはやっぱり嬉しいですからね。

脱毛サロンやエステにも色々とありますから、まずは調べてみてはいかがでしょうか。
施術方法によって、痛みの度合いや、費用や、かかる期間も変わってきます。
自分の日時的な都合と、お財布事情と、痛みにどれくらい耐えられるかを総合的に判断して、どれを使うか決めましょう。
夏までに綺麗な素肌を手に入れよう!

脱毛サロン 比較

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ