脱毛サロンに通い始めてもいい年齢っていくつ?

脇や腕、背中、腹――毛の処理って時間もかかるし、その割にはすぐに生えてくるしで、面倒ですよね。
最近では、脱毛サロンのコマーシャルなどがテレビでも頻繁に流れるようになりましたが、あれは疑いようもなく、脱毛サロンの需要が高まっていること、実際にそれらのサロンが大きな利益をあげていることを示しています。

なぜ、自分で剃るのではなく、専門のサロンで脱毛する人が増えたのか。

ツルツルの肌の女の子
それは、第一に、痛みの少ない脱毛法が増えてきたこと、第二に、それにかかる料金が昔と比べれば格段に安くなったことが理由として挙げられます。

意外かもしれませんが、現在は、処理を受ける人に負担をかけない、要するに痛くない脱毛法が開発されているんですね。
そしてそのことが、テレビでの宣伝やクチコミによってすこしずつ広まってきているのです。

もちろん、痛みがまったくないというわけではありません。
しかしそれは言葉で表現すれば「チクチクする」というくらいのもので、昔のように激痛を伴うような方法はすでに一般的でなくなっているんですね。

また、サロンでの費用も安くなったというのも、脱毛処理の普及の一因となっています。
一昔前までは、脱毛サロンデビューは社会人になってからが普通でした。なぜならそれにかかる費用が高額だったからです。
通常、脱毛は何度も通って、毛が生えてこなくなるのを目指すものですが、それが完全に達成されるまでに昔は数十万円もかかりました。

サロンにかかる費用が払えない場合、特に高校生や大学生など、まだ親の庇護下に生きている身分では、たかが毛を処理するだけにそれほどの額を工面してもらえるはずもなく、自分で稼ぐのも難しい額でありますから、脱毛に興味があっても泣く泣く諦めていたのです。

けれども、あらゆる医学療法が、効率化や低コスト化を研究、それを達成し、それにかかる費用がすこしずつ安くなっていくのと同様に、脱毛処理にかかる費用も、その技術が開発されてから現在に至るまで、だんだんと安くなってきています。

そして今、脱毛はアルバイトをしている学生であれば手を出せるくらいの金額となり、そのこともあって、専門の機関に脱毛をお願いする女性が増え、事業は拡大され、その影響で、テレビで脱毛サロンなどのコマーシャルを目にする機会が増えたということです。

つまり、脱毛処理は、今では高校生でさえ、サロンにて脱毛してもらうのが一般的になりつつあるということです。
年齢に関係なく、誰でも、脱毛をしてもらえるような時代になったんですね。

若い子に脱毛は必要か?

あなたが脱毛という技術をまったく知らない人、あるいは、そういったものを経験したことのない人で、子供がいる人などは、自分の娘が、そういったサロン等で脱毛をしてもらうことに疑問を抱くかもしれません。
まだまだ若いのにサロンで脱毛する必要があるのかな?と。

確かに、毛の処理というのは、他の誰かにやってもらわなくとも自分でもできます。
時間をかけて、丹念に、カミソリを使って剃毛をするのが、それまで普通であったわけで、それで何も困ることはなかったのですから。

しかし考えてみてください。その毛を剃るという時間が人生全体のどれくらいを占めるのか
いずれは、男性と関係するような機会もなくなって、毛を処理する必要もなくなってしまうかもしれません。
それにしても、そうなるまでにたくさんの時間を要するはずで、もしそれを別のことに使えたらと考えれば、専門のサロンにて脱毛したほうが得をするのは間違いありません

それだけの時間があれば、これまで以上に趣味に没頭できるでしょう、今より勉強をたくさんできるようになるでしょう、その時間をアルバイトに費やせば、脱毛費用をまかなって余りあるかもしれません。

時は金なりといいますが、実際、毛の処理というのは、他の事柄に比べれば「無駄」といってもいいようなものでして、それを省くことができるだけでも、人生はより豊かになるといえるのです。

もちろん、それだけではなく、剃り残しといった心配もいらないので男性とのお付き合いも堂々とすることができるのです。

もし自分の子供が脱毛を望んでいるのなら、それを否定するのではなく、あくまで合理的に考えて、一緒についていってやるくらいの心持ちでいましょう。
なんなら、そのときに母子揃って脱毛サロンデビューをしてもいいわけです。
お子さんもはじめは不安でしょうが、母がついてきてくれるとなれば、それも和らげられようというものです。

あなたが今高校生や学生なら、自分ひとりで決めてしまう前に、まずは親に相談してみるのがよいと思います。
そのときには、この記事に書かれてあることを使って、たとえば「たくさん勉強するから!」というふうに言うなど、許しをもらいやすいように工夫してくださいね。

男性は剃り残しをどう思うか

彼氏とケンカ中の女の子
男性は、女性の「剃り残し」を発見したときに、どう思うのか。

セックスは今や、ひとつのコミュニケーションといってもよいものです。
むろん社会の一般常識でいえば、それは互いに好きあう男女でなければいけませんし、子供にはなるべく関わってほしくない事柄であります。

けれども、大人がどんなにがんばって遠ざけようとしたところで、高校生、思春期の年頃になれば、男女関係なくそういったことに興味は湧きますし、実際にやってみたいとも思うものです。多くの男女が、高校で童貞、処女を卒業します。
それが普通なんです。
これはもう避けられないことで、子供だからとセックスを禁止するのは、無駄なことであるといえましょう。

高校生、大学生にとって、セックスはして当たり前のことであるわけです。

となれば、毛の問題というのは、当然彼女ら、あるいは「あなた自身」にも関わってくることです。

もし、セックスの最中に、彼氏が、その女性の、脇や腕や背中やお尻や太ももやスネに、剃り残しを、それもかなり広い範囲に渡る剃り残しを見つけてしまったら、どう思うか。
剛毛の女でないと興奮しない、というような男性でない限り、普通は「あ、、、剃り残しみちゃった・・・」とがっかりするという意見が多いのは確かです。。

そしてその毛の生えている箇所を、見ないようにしながらもつい見てしまって、そのうち冷静に分析をしはじめます。
毛がどの向きに立っているのか、どれだけの密度で生えているのか、ちぢれているのか、さらっとしているのか、どうして剃り残してしまったのか、他の場所にも毛がぼうぼうと茂っているのだろうか、などなど。

その状態に陥ってしまった男性はほぼ間違いなく、戦意を喪失し、セックスは途中終了してしまうことでしょう。
もしかすると、そこから、お風呂に行って毛を剃ることになるかもしれません。

ですが、大体の男性は気を遣って「ごめん、なえちゃった」と言い、なんだか妙な気まずい感じになります。

男性も、剃り残してしまったものは仕方ないと考えます。ちゃんと剃れよ、なんて怒ったりはしません。
しかし、そういうものを見せられて、気分が沈んでしまうことは事実です。それはもう仕方のないことです。

だからこそ女性は、たとえ面倒でも、大変でも、時間がかかっても、毛の処理には気を遣わなければならないのですが、無限に生え伸びてくる毛を処理するのにかかる時間というのが、やはりもったいないことに間違いはありません。
そういうときに役に立つのが、脱毛エステサロンというわけですね。

脱毛にかかる費用が安くなってきていること、今がアルバイトなどをしやすい社会であること、そしてセックスの低年齢化が進んでいること、これらを見れば、脱毛というものが、社会人になってから始めるべき、といった類のことではないのは、明らかですね。

喜ぶ女性

まだ学生だし、と考えずに、少しお金に余裕があるのなら脱毛サロンに通ってみるとよいでしょう。

予約を取るのが大変だったり、何度も通わなければならなかったりといったデメリットもありますが、将来的に考えても自分で処理をするよりはずっと効率的ですし、サロンで脱毛処理をしてもらったほうが安上がりです。

まずは友達や、親、娘などと、そのことについて話し合ってみてはいかがでしょう。
知り合いと一緒に行くというのが、脱毛サロンデビューの形としてはいちばんいいのかもしれません。

脱毛サロン 比較

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ